完熟マンゴーカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

完熟マンゴーカレー

贅沢フルーツを味わう(道の駅なんごう)

完熟マンゴーカレー
 マンゴーといえば、今やメロンなどをしのぐ高級フルーツです。中でも、自然落下したものに限定されるという完熟マンゴーは贅沢品。どんな味わいなのでしょう?

 高価な完熟マンゴーとは無縁ですが、ありがたいことに、完熟マンゴーの入ったカレーを食べる機会に恵まれました。それが今回試食した「完熟マンゴーカレー」です。


 パッケージを展開すると、宮崎県南郷町の観光スポットを紹介するカラフルなパンフレットに早変わり。名産のマンゴーを活かした“ご当地カレー”なのです。

 販売は、道の駅なんごう。1食250グラムとボリュームがあります。

 温めてご飯にかけたカレーは、オーソドックスな日本風の作り。明るめのブラウンで、適度なトロみがあり、ニンジンやジャガイモの角切りがゴロゴロと入っています。

 マンゴーが入って甘口かと思いきや、意外とスパイシー。中辛程度のシャープな刺激が感じられます。マンゴーらしきものは確認できず、煮溶けている模様。フルーティーではありますが、甘味や酸味が突出していないため、かえって深みのあるコクとなり、全体の完成度を高めているようです。
 マンゴーの特色が打ち出せているのかどうかは疑問ですが、フルーツ入りのカレーとしてはおいしく仕上がっていました。

 農産物の余剰分などを流用し、低価格で楽しめるところが“ご当地カレー”の魅力。カレーを通して、いろんな高級食材を味わいたいですね。