カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

千葉の牛味噌カレー

ご飯が進む旨味(タカーズ・カンパニー)

千葉の牛味噌カレー
 カレーをかけると、ご飯が進みます。香辛料の刺激がそうさせるのか、個人的には、カレーをかけない場合に比べて1.5倍ほど多く食べてしまうように思えます。

 肉味噌をご存知でしょうか? ミンチ肉と味噌を炒め合わせた、一種の保存食。ご飯を食る際の、強力な“ご飯の友”でもあります。


 今回試食したのは「千葉の牛味噌カレー」。カレーと肉味噌、ご飯をおいしく食べさせる両者を“合体”させた製品と言えるでしょう。

 いわゆる“ご当地カレー”の一種です。千葉県の銘柄牛「しあわせ牛」と、JAきみつ製の豆味噌「よしえちゃん味噌」が使われているとのこと。パッケージには、千葉県内の観光地の写真がアレンジされています。

 販売はタカーズ・カンパニー。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは茶褐色で、モッタリと強めの粘度。ミンチ肉らしい多数の粒が見えます。スパイスの香りに混じって、かすかに味噌らしいにおいが。

 ビーフの旨味、そして味噌の旨味が、実に特徴的。カレーでありながらも和風な、何とも深いコクがあります。刺激は中辛程度。味噌煮込みうどんを思わせる独特のクセが少々感じられるものの、確かにご飯が進みました。

 味噌の産地には、その土地独自の肉味噌があります。九州人の私としては、慣れ親しんだ麦味噌による肉味噌を、カレーに仕立てて食べてみたいところです。