カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

牛乳カレー

ホワイトシチューでは…?(熊本県酪連)

牛乳カレー
 熊本県の西原村。熊本平野を一望できる阿蘇・外輪山に、熊本県酪農業協同組合連合会(熊本県酪連=らくのうマザーズ)が運営する観光牧場「阿蘇ミルク牧場」があります。

 ここの物産館では、牛乳や畜肉を活かした製品が販売されており、レトルトカレーもあります。それが今回試食した「牛乳カレー」です。


 販売は熊本県酪連、1人分200グラム。

 牛乳パックを模した形の、白い化粧箱。表面には「牛乳カレーというよりも/カレースパイス入りシチュー?」などと書いてあります。

 温めてご飯にかけたカレーは乳白色。ジャガイモやニンジン、牛肉などがゴロゴロと入っています。

 カレーはクリーミーな食感で、肉や野菜の旨味がたっぷり。ですが、スパイスの風味はほとんど感じられません。何となく刺激を覚えたような、覚えないような…という程度。
 マイルドで食べやすいので、子供やお年寄りに喜ばれそう。牛肉は軟らかく、大きめで食べ応えがありました。

 おいしかったものの、ホワイトシチューとして出されたら、私は迷わずホワイトシチューとして味わったでしょう。そんなシロモノを「カレー」と呼べるのかどうか、戸惑いを隠せません。「カレーとは何か?」「何をもってカレーと定義すべきか?」…根源的な疑問を抱いてしまいました。