サザンカレー 骨付チキン | カレーの穴 curry-no-ana.com

サザンカレー 骨付チキン

魅力は骨?(湘南ちがさき屋)

サザンカレー 骨付チキン
 骨付きの肉には、「豪快」「ゴージャス」などのイメージがあります。肉料理のグレードを高めるアイテム、それが骨なのです。

 今回食べたのは「サザンカレー 骨付チキン」。夕日が沈むパッケージに「手羽元2本入」と謳われています。


 販売は湘南ちがさき屋。メーカーのある神奈川県茅ヶ崎市を有名にしたバンド、サザンオールスターズにちなんだ商品名とのことです。ビーフやポークもあり、“ご当地カレー”としてブランド化が図られている模様。1食220グラム。

 温めたレトルトパックを、ご飯に向けて傾けると、濃いブラウンのカレーに続いて、骨付き肉がゴロンゴロンと2個。鶏の手羽元で、長さ7~8センチ程度です。他に具材は見当たりません。

 トロみのあるカレーは、強い旨味で食べさせる欧風の作り。コクがある半面、スパイスの刺激は控えめです。
 手羽元の肉は、骨離れは良いものの、食感が少々硬く、旨味も抜けている模様。ですが、骨を取り巻くゼラチン質が、クニクニと軟らかく、独特の味わいもあり、このカレーの大きな魅力となっていました。

 肉自体はイマイチでしたが、骨が付いていたおかげで、満足感を得ることができました。侮れませんね、骨。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪