カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

第1回八代オフ会(うさぎ)

八代市のカレー者が集結

第1回八代オフ会(うさぎ)
 故郷である熊本県八代市にUターンして3年になりますが、地元で“カレー活動”をしたことは、ほとんどありませんでした(どんな活動なんだか…)。足もとがおろそかになっていた訳です。

 ですが3年も経てば、磁石が引き合うがごとく、不可思議な作用によって“カレー者”同士が自然と寄り集まってくるもの。せっかく集うなら、一席設けたいではありませんか。


 こうして、2月の下旬、初めての「八代オフ会」を開催しました。いつもと違って掲示板などでは告知せず、八代で知り合った方がたにこちらから声をかけました。このため、通常のオフ会とは別立てにしています。

 会場は、八代市本町2丁目にある小料理屋「うさぎ」。家庭的な料理が食べられる、ホッと和む落ち着いた店です。ママさんは小柄ながらサッパリと快活な人で、私は家族ぐるみで仲良くしていただいています。
 当日は店を貸し切りにし、私がカレーを2品作って持ち込みました。ゆるいオフ会ではありますが、やはり最低限、カレーは必要なのです。

 参加者は8人。主催の天竺堂夫妻と娘。図書館にお勤めのmahtanさんと、妻で呉服店の若女将・ミナさん。イ草農業者のせいさん。郵便局員のらびあんろーずさん。理学療法士のてるさん。バーテンダーのななわさん。後からうさぎのママさんと、その娘さんも加わりました。

 どうなることか…と心配したのは最初だけ。みなさんたちまち意気投合し、第1回目とは思えないほどに盛り上がりました。それぞれに“裏”の顔を秘めていて、それが談笑する中で徐々に現れてくるのが面白かった。mahtanさんがコアなプジョーマニアだったり、せいさんがプロ並みのコーヒー通だったり、てるさんがアカペラのコーラスグループに所属していたり。らびあんろーずさんは、和風の家を新築したのを機に和服を着るようになったとか。ななわさんは自宅に七輪を何個も所有し、定期的に七輪愛好者のオフ会を開いているとか。…私が言うのも何ですが、濃いメンバーばかりでした。

 翌朝早くに所用を控えていた私は、眠たがる娘を連れて帰宅。一方、ななわさん経営のショットバー「鴎」で2次会が開かれました。カミさんに聞いたところでは、オタクネタから下ネタまで何でもアリで盛り上がり、午前1時まで続いたとか。参加したかった…。

 とにもかくにも盛況で何より。参加して下さったみなさん、ありがとうございました。次回も盛り上がりましょう!