カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

第3回オフ会(天竺堂宅)

カレー者の酒を、カレー者が呑む

第3回オフ会(天竺堂宅)
 当然のことながら、酒盛りの主役は酒。オフ会に当たって私は、飛騨高山の銘酒「山車」を用意しました。「カレーとは関係ないじゃないか」と言われそうですが、実は深い関係があるのです。

 蔵元である原田酒造のKATSUさんは大のカレー好きで、「飛騨高山の巨大カツカレー」をリポートされたほど。カレー者が造った酒をカレー者が飲む…それが今回のオフ会なのです。


 師走で忙しい中、我が家の居間に5人のゲストが集まりました。熊本県玉名市にある高級旅館の若旦那・魔人牙さん、掲示板「交流の穴」の最古参の常連でインターネットラジオを主宰するParaTさん、そのラジオ局のスタッフで魅力的なバリトンの持ち主・早井さん、お土産にたくさんの指輪をくれたオブジェ作りの天才・松本りかさん、りかさんをモデルに写真を撮るのが趣味という松村あかねさん…ひとクセもふたクセもありそうな(失礼)個性的な人々ばかり。

 和やかな雰囲気の中で始まった酒宴でしたが、キリリと端麗な「辛口 山車」のあまりのおいしさに、一同のピッチはグイグイと上がっていきます。一升瓶はたちまち空になり、虎の子の「大吟醸 山車」が登場。りかさんとあかねさんの「ヒマワリ畑でヌードを撮ったんです」「ホテルの浴槽で死体になってる写真もありますよ」などという過激なエピソードも飛び出し、男どものボルテージは最高潮に。自家製の欧風カレーが出たころには、私は稚拙なギャグばかり連発する“壊れた機械”と化し、みなさんのヒンシュクを買ってしまいました。

 翌朝は反省することしきり。参加したみなさん、ごめんなさい。そして、ありがとうございました。素晴らしいお酒を下さったKATSUさんにも感謝します。

 年明けには新年会を開くことになりそうですので、その時には“紳士”でいたいと思います。