chang-PLANT:黒のチキン | カレーの穴 curry-no-ana.com

chang-PLANT:黒のチキン

香ばしい黒ゴマのカレー(熊本県熊本市)

chang-PLANT:黒のチキン
 黒い色は、普通は料理で見かけません(海苔ぐらい?)。それだけに、神秘的で蠱惑的な雰囲気。「食べたらどうにかなってしまうのではないか?」そんな不安感がつきまといます。

 今回訪れた「chang-PLANT」は、熊本市のシャワー通りの外れにあるアジアンテイストのカフェ。メニューの筆頭に「黒のチキン」と名付けられたカレーが載っています。


 この店、実は前に一度、オフ会を催したことがあります。その時は「CHANG-1st」という店名で、熊本市河原町の繊維問屋街にありました。やはり黒カレーが名物だったのですが、移転後、さらにおいしくなったとのこと。楽しみです。

 ランチメニューを頼んだところ、ターリー皿が出てきました。ガラス器に入ったカレー、山盛りのターメリックライス、陶カップに入ったヨーグルト、グリーンサラダ、そして春雨サラダ。

 カレーは確かに黒色ですが、やや緑がかっています。ご飯にかけて食べると、見た目よりもマイルドで、何とも香ばしい味わい。黒ゴマをベースにしたカレーなのです。スパイシーさは控え目で、その分、ゴマの風味がとても強い。ゴマの粒とペーストが混在しており、楽しい食感です。煮込まれた鶏肉がゴロゴロと入っていました。

 食後は満腹に。上品な“カフェ飯”とは一線を画すボリュームでした。飲料も充実していますが、この店ではカレーを、そしてスパイシーなアジアンフードを頼んでみることをお勧めします。

後日談 この後、店舗が熊本市郊外の益城町に移転して「栄耀chang」になり、さらに郊外の西原村に移って「chang-PLANT(style ZERO)」となりました。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪