シブシャンカル:キーマカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

シブシャンカル:キーマカレー

見事なナンに感動(福岡県福岡市)

シブシャンカル:キーマカレー
 初めて訪れた土地や、不案内な街でも、複数の住民から「おいしいよ」と薦められた飲食店は、ほとんどハズレがありません。一方、タクシーの運転手の紹介や、本屋で立ち読みしたガイドブックなどに従うと、“打率”は3割程度でしょうか。実際に暮らしている人の口コミ、生の意見が最も頼りになります。

 今回訪れた福岡市早良区西新のインド料理店「シブシャンカル」は、複数の福岡市民から薦められました。隣県ながら店名を聞いたこともありませんでしたが、大いに期待できます。


 賑やかな西新商店街にある30席程度の店で、悪く言えばチープ、良く言えば気の置けない雰囲気です。オーナーを含めインド人が3人と、給仕のおばちゃん1人。私は生ビールと、キーマカレーの定食を注文しました。近くに西南学院がある学生街で、カフェから弁当屋まで建ち並ぶ土地柄のせいか、この手の店にしては料理の価格帯が低いようです。

 生ビールには、プーリーの欠片と2種類のチャツネが付いており、なかなかオツなツマミ。辛くて酸っぱいチャツネを載せたプーリーをかじり、定食のミニサラダを突っつきながらビールを飲んでいると、カレーとナンが登場しました。

 見事なナンに「おおっ」。30センチを超える大きさで、やや焦げのある表面が油でツヤツヤと光っています。赤茶けたキーマカレーは鶏肉で、スパイスの刺激よりも肉の旨味で勝負している感じ。ふっくらモチモチとしたナンを、コクのあるカレーに浸して食べると、これがまたビールに合って素直にうまい。ナンのボリュームで満腹になりました。食後に出てきた甘~いラッシーも良かった。

 インド料理を大衆食堂並みの気軽さで楽しめる、なかなか魅力的な店。近所にあれば重宝するでしょうね。ジモティーが薦めるのも分かります。

 空いているテーブルでは、オーナーと給仕さんが、チラシをにらみながら厳しい表情。耳を傾けると、近所に新規オープンした定食屋の動向を気にしている様子です。「安くて、おいしくて、量が多い…ウチはこれでやって来たんだから大丈夫」などと主張し、スタッフに檄を飛ばすオーナー。私は内心、大きくうなずいたものでした。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪