HI! HOT CURRY:BLACK CURRY | カレーの穴 curry-no-ana.com

HI! HOT CURRY:BLACK CURRY

自信作は黒いカレー(熊本県熊本市)

HI! HOT CURRY:BLACK CURRY
 カレーの色と言えば、ターメリックの黄色。ですが、トマトを多用した赤いカレーも珍しくはありませんし、タイのグリーンカレーも知られていますね。
 では、黒いカレーはどうか? メジャーではないかも知れませんが、一度は見聞きしたことがあるはず。かつてレトルト製品もありました。黒い理由は「スパイスの多用」「野菜や小麦粉をじっくり焦がす」「イカ墨を入れる」の3パターンに大別されるようですが、色自体の蠱惑的な魅力が最大の特徴でしょう。

 先日、この黒いカレーを売りにした店が、熊本市内にオープンしました。西銀座通りに面しており、カレーを出すのは昼だけで、夜はバーになるそうです。


 注文したのは、その名も「BLACK CURRY」。メニューは他に、プレーンなカレーと、トッピングで4種のバリエーションがあります。

 待つこと5分ほどで、カレーが登場。黒いことは黒いものの、よく見ると焦げ茶にやや緑が混じった、深く複雑な色であることが分かります。“スパイス多用”タイプかも。振りかけられた生クリームが、稲妻のように鮮やか。中央に2個載っているのは、鶏の唐揚げです。

 食べ初めは、甘口かと思うほどにマイルド。それでも、スパイスが利いており、ジンワリと辛さが込み上げてきました。個人的には中辛程度かな。程良い粘度があるものの、野菜のペーストを使っているとのことで、重さやクドさはありません。なかなか味わい深くて、ご飯が進みます。「お代わり自由」と聞き、さらに半分ほどいただきました。唐揚げは普通においしかったのですが、本来はビーフの塊2個が載るそうです。たまたま切れていたのが残念。ビーフ入りも食べたくなりました。

 店主のナガタさんは、以前はタウン誌の編集者。「カレー特集」の取材で作り方を習ったことがきっかけで、“カレーの道”に入ったそうです。こういう入り方もあるんだ…と妙に感心しました。

後日談 閉店が確認されました。バーに間借りしての営業だったので、いつかどこかで、立派なカレー屋として再オープンすることを願っています。