五右衛門:カレーうどん | カレーの穴 curry-no-ana.com

五右衛門:カレーうどん

うどんが主役(香川県高松市)

五右衛門:カレーうどん
 瀬戸内海周辺を車で旅行しました。食いしん坊夫婦の主な目的は、香川県名物の讃岐うどんです。さすがは“うどんの聖地”と呼ばれるだけあって、うどん屋の層が厚く、質も高い。さまざまなシチュエーションでツルツルシコシコの麺をすすり上げ、舌鼓を乱打させました。

 さて、カレー者を自任する以上、食べずに済ませられないのがカレーうどん。出汁や具に重きを置かず、価値は麺そのもので決まるとされる讃岐うどんですが、高松市内に「うまいカレーうどんを出す」と評判の店が。それが今回訪れた「五右衛門」です。小料理屋や居酒屋が建ち並ぶ繁華街にある、こぎれいな店でした。


 注文すると、すぐにお冷やが出され、それから3分もしないうちにカレーうどんが登場。浅めの大きな丼に、太い麺が波うち、やや濃いめのカレーがかかっています。その上にパラパラと万能ネギ。

 飛び跳ねに注意しながらすすり込むと、やはり最初に感じられたのはうどんのおいしさでした。コシはさほどでもありませんが(讃岐うどんレベルでの話)、もちもちとして魅惑的な食感です。カレーのトロみはゆるめで、スパイシーさはほとんど無く、出汁の旨味で食べさせる典型的な“そば屋のカレー”。具は牛肉とタマネギ、ニンジンが確認されました。

 肉うどんにせよ天ぷらうどんにせよ、種物系はうどんが脇に回るものですが、讃岐の地では見事に主役級。当地ならではのカレーうどんと言えるでしょう。

 なお、今回の探訪に際しては、『うまひゃひゃ さぬきうどん』の著者・さとなおさんに、貴重なアドバイスをいただきました。ありがとうございました。