伽哩本舗:やきカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

伽哩本舗:やきカレー

焼いたカレーをハフハフ(福岡県福岡市)

伽哩本舗:やきカレー
 この世はあまりにも広すぎて、存在を知りながら食べていないカレーが無数にあります(前回と同じ前置きを書いてしまった)。今回試食した「やきカレー」もそのひとつ。全国的には「カレードリア」として知られている料理です。

 店の場所は、福岡市博多区の上川端商店街のアーケード内。主力メニューを店名にしているだけに、大きく派手な看板がかかっています。全国有数のショッピングモール「キャナルシティー博多」と「博多リバレイン」の中間に位置していることから、日中は人通りが多く、昼時に訪れた店内は家族連れなどでにぎわっていました。


 「やきカレー」は、具材を替えて11種類。私は「ビーフ」を注文しました。

 直径約20センチの土鍋風の皿に入り、熱いままグツグツと音を立てながらビーフドリアの風情で登場。乗っている卵とチーズが少々コゲているあたりが食欲をそそります。

 初めの数口は熱すぎて、ハフハフしながら食べました。オーブンで熱されているために水分が飛んでいて、通常のカレーより濃厚な味です。やや辛口ですが、自然に卵黄やチーズが絡んでマイルド。ビーフの肉塊を数個発見しました。
 全体的に濃い味で、食べ応えは充分。残暑の季節に食べるには熱すぎましたが、ビールによく合って大満足のランチでした。家庭でもカレーが余った時などに応用できそうです。

 看板によると「やきカレー」は特許商品とのこと。北九州発祥と聞いたことがありますが、この店が“本家”ということでしょうか。

後日談 店名が「伽哩本舗」に変わり、支店も出ています。地元人よりも観光客に知られるたぐいの店として成長。特許取得が効いたようです。