長門:長門式ダイエットカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

長門:長門式ダイエットカレー

ワカメがひそむ恐怖のカレー(長崎県長崎市)

長門:長門式ダイエットカレー
 油脂を多用するカレー料理がダイエットの天敵であることは、以前「試食の穴」で「ベジタブルカレー」を試食した時に書きました。ローカロリーで食べても太りにくいカレーとして取り上げたわけですが、逆に痩せるために食べるカレーもあります。それが、今回試食した「長門式ダイエットカレー」です。

 このカレーは「ダイエットクラブ長門」というウェブサイトで通信販売されており、掲示板の常連さんの中には、実際に試食した人もいます。「凄いカレーだった」という評判を耳にしてはいたのですが、何となく手が出せないでいたところ、長崎に行く機会に恵まれました。実は「カレー長門」は長崎市内のカレー屋で、そこでダイエットカレーを食べることができるのです。


 地元の友人に案内されて訪れた店は、長崎市築町の繁華街にありました。店の正面にデカデカと、ダイエット製品の広告にありがちな“使用前・使用後”の中年男性の顔写真が掲げられ、入店をためらわせる怪しい雰囲気。店内は普通の喫茶店ですが、あちらこちらにダイエットカレーの効能書きが貼られ、漢方薬を思わせる異様な臭気が充満しています。

 グラタン皿で出てきたダイエットカレーは、一見すると普通の欧風カレー。しかし、ところどころ深緑色の物体がのぞいているのが不気味です。色鮮やかなトマトジュースが付いていました。

 おそるおそる一口。途端に、ヌルリとした異様な食感に仰天させられました。カレーの下には、大量のワカメが潜んでいたのです。スプーンでいくら掻き分けてみても、出てくる具はワカメばかり。ご飯は皿の底に薄く敷いてある程度で、カレーライスというよりは“ワカメのカレー和え”でしょう。カレーはかなり辛口で粘度が高く、そこにワカメが加わった味わいは、私の意識を異次元の彼方へと運び去るほどの凄まじさでした。

 食後に頭を冷やし、友人らとともにカレーを分析。①ワカメはノンカロリーで満腹感がある②辛いカレーは脂肪の燃焼を促す③ご飯を少なくして炭水化物(脂肪の素)を抑えてある④トマトには食欲を抑制する作用がある…以上4点が挙がりました。他にも痩せる要素があるのかもしれませんが、理にかなったカレーではあるようです。

 1カ月間、毎日1食ずつ食べ続ければ、相応の効果が期待できるとのこと。問題は食べ続けることができるかどうかですが、本気で痩せたい人にとっては大した問題ではないのでしょう。私はできそうにありませんが…。

後日談 2003年7月に長崎市を訪ねた際、店舗が消えていることを確認しました。通信販売で入手できた時期もありましたが、そのサイトも消滅。伝説のカレーとなってしまいました。