腹つづみ:焼きそばカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

腹つづみ:焼きそばカレー

オドロキの組み合わせ(熊本県熊本市)

腹つづみ:焼きそばカレー
 「カレー焼きそば」と言えば通常、“隠し味にカレー粉を使ったソース焼きそば”を指します。以前、「試食の穴」で紹介した「カレー U.F.O」などがそうですね。ところが、写真の料理は違う。ソース焼きそばにカレーがかけてあるのです。
 この驚くべきカレー料理を知ったのは、寄せられた情報のおかげ。長年住んでいながら、恥ずかしいことに私は、それまで聞いたこともありませんでした。

 その店は熊本市錦ヶ丘の「腹つづみ」というラーメン屋で、二輪車販売「YSP 熊本東店」の隣にあります。定食の種類が多く、一人暮らしの学生風や、独身サラリーマン風の客でにぎわっていました。


 オーソドックスな焼きそばに、これまたオーソドックスなカレー。しかし、それらを組み合わせた異様な外観には、思わず気圧されそうになります。

 焼きそばは薄い味付けで、具は豚肉やキャベツ、モヤシ、ニンジンなど。カレーはあまり辛くなく、豚肉とタマネギが煮溶けている様子です。トロみが強く、チャンポン麺によく絡みます。豪快にすすり込もうとすると、カレーが辺りに飛び散ってしまうので、食べる際はご注意を。
 味はカレーそのものですが、食感は中華のあんかけ麺に似ています。強烈な第一印象とは裏腹に、抵抗なく食べられますが、シャッキリと炒められたキャベツやモヤシが、ややミスマッチな感じ。あまりカレーに使わない材料だからでしょう。

 高カロリー同士のカレーと焼きそばで、ボリュームは満点。しかも、一般的にカレーはビールに合わないとされていますが、焼きそばカレーならまったく問題なし。ビールを飲みつつ、下品な音を立ててすすり込むのは、なかなかの快感でした。私の他にもカレー焼きそばを食べている客がおり、確率からすると人気メニューかもしれません。特殊な材料は使われていないので、自分で作ってみるのもまた一興。

 その後、別の読者から寄せられた情報で、同様のカレー焼きそばが福島県にも存在することが分かりました。どうして熊本と福島なのか? 他の土地にもあるのか? 知っている人は教えてください。

後日談 2002年10月にメニューから消えたという情報が寄せられ、08年9月には店自体が閉店。残念なことですが、ソース焼きそばにカレーをかけるスタイルは、さほど難しいことではないので、どこかの店にひっそりと“生息”しているかも知れません。
 06年6月、焼きそばにカレーをかけた「カリーナ」と呼ばれる料理が、1980年代に新潟県内で流行していた…という情報が寄せられました。新潟県三条市のラーメン屋「昭和ほるもん」では、今もメニューに残っているそうです。