たりとっと | カレーの穴 curry-no-ana.com

たりとっと

野菜たっぷりの健康カレー(地産倶楽部)

たりとっと
 ある日突然、拙宅にクール便が届きました。中には冷凍されたカレーが8袋。「これは何だ?」とひとしきり驚いた後、2年近く前に、あるカレーの試作品を食べたことを思い出しました。有機野菜とその加工を手がける、熊本の「地産倶楽部」というメーカーでした。私は「野菜はピューレ状が食べやすいが、形をわざと残すと“有難味”が増すのではないか」みたいな感想をエラソーに述べた…気がします(曖昧)。

 そのメーカーが、野菜カレーの完成品を届けて下さったのです。食べない訳にはいきません。何となく“責任”も感じるし。


 「たりとっと」とは熊本県の方言で、語尾を上げて発音すれば「足りているの?」、下げれば「足りてるよ」という意味。「野菜を摂取していますか?」みたいなネーミングでしょう。

 ペースト状の「カレールウ」が甘口・中辛・辛口の3種類。それらをベースにしたカレー製品が「オリジナル」「キーマ」「きのこ」「コロコロ豆」「タイ風」の5種類あります。
 カレールウの原材料名表を見ると、ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、ナス、ショウガ、小松菜、オクラ、ピーマン、カボチャ、キュウリ、ネギ、トマト、ニンニク、レタス、大根、セロリ、黄ピーマン…野菜カレーどころか、もはや八百屋カレーの趣です。これらをペーストにして、スパイスでカレー味に仕上げてあります。小麦粉を使っていないので、サラリとした食感。

 そのままルウを口にしたところ、滋味あふれる中に、ややエグ味が感じられます。ですが元来、好きな肉や野菜を入れ、各自で味を整えて食べる製品なので、気になるほどではありません。醤油系の調味料を加えると、おいしさが増すようです。
 5種類のカレー製品は、全体的にあっさり目の味付け。私のお薦めは、大豆など5種類の豆が入ってボリュームのあるコロコロ豆と、ココナツミルクでコクが出ているタイ風です。

 尾籠な話で恐縮ですが、8種類のカレーを試食していた間、お通じが良好でした。健康に良いことは間違いありません。

後日談 半年後、「地産倶楽部」から突然、またもクール便が届きました。キーマカレーを改良したとのこと。実は前回、私はメールで「キーマカレーは、もうひとつ旨味が欠けており、物足りなさを感じました」などと感想を送っていたのです(エラソーで申し訳ありません)。
 改良されたキーマは、趣がガラリと変わっていました。しっかりとした旨味が加わり、ボリューム感もアップ。おいしいカレーに仕上がっていました。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪