しまねの和牛カレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

しまねの和牛カレー

牛肉の個体識別番号付き(掛合農村開発)

しまねの和牛カレー
 島根県の“おいしいもの”と言えば、日本海に育まれた豊富で多彩な海の幸がパッと浮かびますが、全国有数の良質肉牛の生産地でもあるそうです。

 その島根和牛を使ったのが、今回試食した「しまね和牛カレー」。パッケージに「『極粗挽き肉』を使用」と書いてあることから、精肉を切り分ける時に余った端肉を製品化したものかもしれません。


 パッケージには使用牛肉の個体識別番号も書いてあります。所定のサイトで番号を入力して調べてみたところ、肉は島根県仁多郡奥出雲町で育てられたメスの黒毛和牛で、生産者は「全国和牛能力共進会」において優等賞に入るほどの人物であることが分かりました。トレーサビリティは、消費者を安心させるだけでなく、食物への“期待感”を高めてくれるものでもあるようです。

 温めてご飯にかけたカレーは、オーソドックスな和風スタイル。適度な粘度があり、挽肉の砕片とニンジン、ジャガイモ、タマネギが確認できます。カレーの表面がツヤツヤと光っているのは牛脂でしょうか。
 ひと口目で感じたのは、牛肉のしっかりとした旨味。肉自体は小さくても、エキスが煮溶け、大きな存在感となっているのでしょう。全体的に優しいマイルドな味わい。やや遅れて、シャープな辛さが感じられました。

 カレーに出合って、島根の特産品を新たに知ることができました。カレーは端肉を利用するのに最適。今後も、さまざまな“ご当地カレー”が登場してほしいものです。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪