ミソカレーヌードル | カレーの穴 curry-no-ana.com

ミソカレーヌードル

黄金色の中身は…(新横浜ラーメン博物館)

ミソカレーヌードル
 結婚してあまり行かなくなったのがコンビニエンスストア。カミさんの手料理を食べるようになると、カップラーメンやオニギリが並ぶ陳列棚からは自然と遠ざかってしまいます。悪いことではないのでしょうが、カレー系インスタント食品などの新製品情報に疎くなってしまい、それが“カレー者”としては少々難儀です。

 今回試食した「ミソカレーヌードル」は、当サイトの掲示板で存在を知り、常連さんが送ってくれたもの。また、熱心なカレーファンから「なかなかいけるぞ」というメールも寄せられました。ありがたいことです。


 パッケージをひと目見て仰天。光沢のあるド派手なゴールドではありませんか。赤い上蓋には金色でナルトマークが描かれ、人気商品が覇を競うコンビニの陳列棚でも目立つことでしょう。

 熱湯を入れて待つこと5分。通常のインスタントラーメンより2分長く、これは太い平打ち麺が使われているせいでしょう。具はミンチ肉と青ネギと紅ショウガが確認できました。
 すすってみると、スープは味噌仕立て。意外にも上品なアッサリ味です。カレーの風味も確かに感じられますが、どちらかといえばミソスープに分類されるかも。麺は弾力に富んで食べ応えがあり、先発のライバル商品と比べても遜色ありません。

 キッチュなパッケージからは想像できないおいしさでした。あえて苦言を呈すならば、スープと麺のバランスがいまひとつ。麺にスープがあまり絡みません。スープをもっと濃くするか、逆に麺を細くするべきでしょう。

 今や横浜の観光名所となっている「新横浜ラーメン博物館」が製造元。従来の食品会社などとは異なるユニークな商品展開が、今後も期待できそうです。

後日談 グルメ系テーマパークのさきがけとなった「ラー博」。その後も「トンコツカレーヌードル」などのユニークなラーメン製品を開発・発売しています。