ジューシーカレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

ジューシーカレー

ドーナツ屋のカレーパン(ミスタードーナツ)

ジューシーカレー
 国内のファストフード・チェーンの中で、ミスタードーナツは老舗に属します。私が少年時代を過ごした熊本県八代市にも小さな店舗があり、“古き良きアメリカ”とやらのイメージにあこがれつつ、揚げたてのオールド・ファッションドをパクついたものです(ちなみに、一番好きなのはフレンチ・クルーラー)。

 ところが、多様化するニーズに対応するためか、ミスドは中華点心まで売り出すようになりました。そして昨年、とうとうカレーパンの販売に踏み切ったのです。
 もはやアメリカもへったくれもありませんが、おいしいならばそれも良し。ミスドの総菜パン類は、味に定評があるのです。寛大な心で食べましょう。


 直径8センチ、厚さ3センチ。どうやら、別メニューのカスタードクリームなどと同じ生地を使った様子。きれいな褐色に揚がった表面にはパン粉がまぶされ、外見は典型的な揚げパンです。

 パクッと食べると、生地がサクッと噛み切れた後、口の中に熱いカレーがトロリ。普通のカレーパンよりも粘度が低く、これがジューシーということなのでしょう。悪くない食感です。カレーは甘口ですが、コショウが多用され、とてもスパイシー。具はタマネギとニンジンの砕片を確認しました。
 食べているうちに、「こんなにトロトロしたカレーを、どうやって揚げパンに入れたのか?」と疑問が湧いてきましたが、パンの側面に小さな穴を発見して納得。生地を揚げた後で、穴を開けてカレーを注入したのです。粘度の低いカレーを封じ込めるため、さりげない工夫が施されています。

 モッタリしたカレーパンも好きな私でも、ジューシーカレーは水準が高いと思います。私の友人で「味がイマイチ」と言った男がいましたが、スパイシーなカレーが口に合わなかったのかもしれません。ピリッとしたおいしさが好きな人にお勧めします。