カレーの穴 curry-no-ana.com

カレールーのおいしい組み合わせを探せ!

無作為に混ぜるよりも…


 カレーを作る際、コツのひとつとして「種類の異なるルーを混ぜる」があります。複数を混ぜ合わせると、味が複雑になってコクが増すという理屈。その手法が現実に普及している証拠に、ハウス食品があらかじめコクのあるカレーとまろやかなカレーを混ぜた「こくまろカレー」を発売しています。

 それでは、ただ無作為に混ぜるだけで良いのでしょうか? 理想の組み合わせがあるのでは? …案ずるより産むが易し。実験してみました。


 国内で発売されているインスタントのカレールーは種類が大量にあり、それらの組み合わせは無数です。数を絞らなければ、個人の力では調べ切れません。
 そこで以下、メーカー“御三家”の人気商品に絞りました。すべて中辛です。

・ハウス「バーモントカレー」 米バーモント州に伝わるという、リンゴとハチミツによる健康法を応用。幅広い層に支持される、定番中の定番です。
・S&B「ゴールデンカレー」 35種のスパイスを使った、豊かな風味が特徴。日本の家庭に初めて“本格派”の味を持ち込んだ品とも言われます。
・グリコ「熟カレー」 “寝かせた味”を生んでヒットした「熟カレー」を改良。コクと香りのルーを組み合わせて“混ぜた味”も表現しています。

 実験に当たり、まず豚肉とタマネギ、ジャガイモ、ニンジンを鍋で水煮しました。それを小分けし、それぞれにルーを組み合わせて混入。配合比率は1対1ですが、ひとつだけ3種類すべてを使っています。こうして4通りの組み合わせのカレーが出来上がり、少量ずつご飯にかけて食べ比べました。

 私1人では評価が偏る可能性があるので、婚約者(現時点)の早崎明子さんにも試食してもらいました。ちなみに2人ともコクのある欧風カレーが好みですが、私は辛口派、早崎さんはマイルド派と微妙に異なっています。

 結果は下表の通り。私は「3種混合」、早崎さんは「バーモント+熟」が1位となりました。熟カレーを混ぜて作ったカレーには“ハズレ”がなく、つまり熟カレーを加えた組み合わせならば、少なくとも失敗はしないということですね。一方、4位は「バーモント+ゴールデン」で両者共通しており、この組み合わせは避けた方が無難だと思われます。

 たった3種類を組み合わせただけで、こんなに多彩な味が楽しめるとは…。カレーの奥深さを再認識させられました。


天竺堂早崎
バーモント
ゴールデン
4位 あっさりめで風味が弱い4位 薄くて物足りない
バーモント+熟3位 マイルドでうまみが強い1位 最もコクがあった
ゴールデン+熟2位 バランスは良いがコク足りず2位 平均的な味
3種混合1位 コクが強くて比較的辛い3位 塩辛さを感じた

photo credit: su-lin via photopin cc

後日談 2009年と2013年に再検証しました。「カレールーのおいしい組み合わせを探せ!(2)」と「カレールーのおいしい組み合わせを探せ!(3)」をご覧下さい。