カレーの穴 curry-no-ana.com

ここは“カレー者”たちの秘密養成所。7つの穴でカレーを極めろ!

天竺堂風ドライカレーのレシピ

佃煮のネットリ感を目指す

天竺堂風ドライカレー
 ドライカレーは、具材をご飯ごと炒める焼き飯スタイルもおいしいのですが、ここでご紹介するのは文字通り“水分の無い”カレー。ドライカレーの正統は、この水無しスタイルだと私は思っています。


材料分量(4~5皿分) 合い挽き肉…約400グラム。バター…大さじ1。タマネギ…中1個。ニンジン…2分の1本。ナス…中1本。マッシュルーム…80グラム(5~6個)。ニンニク…すりおろし小さじ1。カレー粉…大さじ2。ガラムマサラ…大さじ1。ローリエ…1枚。ブイヨン…カップ1。味醂…大さじ1。食塩…適量。

作り方
1.タマネギとニンジン、マッシュルームをみじん切りに、ナスは皮付きのままイチョウ切りにしておく。
2.鍋またはフライパンにバターを溶かし、タマネギとニンジン、ニンニクを弱火で炒める。
3.タマネギが透き通ってきたら、合い挽き肉を加えて炒める。
肉に火が通ってきたら、カレー粉とローリエ、マッシュルーム、ナスを加えて炒める。
4.カレーの香りがしてきたら、ブイヨンと味醂を加えて強火に。
5.煮立ったらガラムマサラを入れて弱火にし、蓋をせずにかき混ぜながらペースト状になるまで煮詰める。塩で味を整えて完成。

 “天竺堂風”としての特徴は、佃煮のおいしさを目指していること。同じ水無しでも、ソボロ状ではなく、ペースト状のネットリした食感と濃厚な味わいを目指しています。ゆっくりじっくり、煮詰めながら作って下さい。

 煮詰めた後、グリーンピースや赤ピーマンのみじん切りなどを加えると、彩りが良くなります。また、トッピングとして、ゆで卵やレーズン、フライドオニオン、アーモンドスライス、松の実などがお薦めです。