温めずにおいしい野菜カレー | カレーの穴 curry-no-ana.com

温めずにおいしい野菜カレー

5年間おいしい(ハウス食品)
温めずにおいしい野菜カレー:パッケージ
 たまたま訪れたデパートで、防災用品のセールが催されていました。
 工夫の凝らされた“アイデアグッズ”みたいな品々の中、目に入ったのがこの「温めずにおいしい野菜カレー」というレトルト製品。備蓄用の保存食ですね。

 パッケージに「賞味期間5年」の文字。かつて食べた「常備用 カレー職人」が2年でしたから、ここ数年で大きく進化していることが分かります。


 もうひとつ、パッケージで目立つのが「LLヒートレスカレー」という表示。「ヒートレス」は“温める必要がない”という意味らしく、同様のシリーズとしてシチューも作られているようです。頭の「LL」は“LongLife”でしょうか?

 販売はハウス食品。1食200グラム。
温めずにおいしい野菜カレー:実物
 今回はレトルトパックを温めず、常温そのままのカレーをご飯にかけました。落ち着いたブラウンに、適度なトロみ。表面に艶やかな光沢があります。コロコロとした具材は、1.5~2センチ角のジャガイモが十数個と、1センチ前後のニンジンが5個ほど。

 カレーの作りは日本風。鰹節のエキスを使ってあるためか、強い旨味がご飯に合います。滑らかな舌触りも特徴的。スパイスの刺激は控えめで、辛さとしては甘口に近いと思われますが、後味はスッキリとしています。
 成分表によると、パーム油など植物性の油脂が使われている。これがヒートレスの“キモ”でしょう。常温で食べる場合、動物性の油脂だと固まって粒状になり、舌触りのザラつきをもたらすのです。食感も重くなりがちに。

 被災するなどしてツラい状況にある時こそ、好きなものやおいしいものを食べて元気を出したいもの。このようなカレーが今後、さらに進化していくことを願っています。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪