ドラゴンカレー(辛口) | カレーの穴 curry-no-ana.com

ドラゴンカレー(辛口)

ジビエを活用(猪鹿工房東陽)
ドラゴンカレー:パッケージ
 朱色に龍がのたくっている、派手なパッケージ。中華風の何かに見えますが…。
 これはレトルトカレー。ジビエ肉を使ってあるそうですが、チャイニーズとは無関係なようです。

 熊本県南部の氷川町。国道3号線沿いにある「道の駅 竜北」で限定販売されている製品とのこと。「竜北⇒ドラゴン⇒中華風」みたいな図式でしょうか。

 販売は八代市鏡町の猪鹿工房東陽。1食200グラム。

 温めてご飯にかけたカレーは、赤っぽいブラウン。ゆるいトロみがあります。大きさ1~3センチの肉塊がコロコロと10個ほど。パッケージに示されている、イノシシの肉と思われます。他にニンジンらしいカケラも見えました。
ドラゴンカレー:実物
 強い旨味で食べさせる、日本風のカレーです。どこかケチャップを思わせる、甘くて親しみやすい味わいが特徴的。ホットな刺激は、表示どおりの「辛口」でしょう。
 イノシシの肉は、やや硬いものの、噛み切れないほどではありません。赤身を噛み締めると、野趣を感じさせるクセが、わずかににじみ出てきました。

 山間部で害獣駆除された肉が活用されているのでしょうか。ちなみに「甘口」では鹿肉が入っているそうです。
 パッケージ裏面には、地元産の材料として、ナシやトマト、バンペイユ、ショウガの使用が謳われています。以前、バンペイユを使った残念なレトルトカレーを食べたことがあるのですが、こちらの製品は同じ轍を踏まずに済んだようですね。

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪